シノケンハーモニーを利用【評判の良いサポート会社】

投資について

つみき

公務員が不動産投資をする場合の注意点

不動産投資とは、不動産を購入して人に貸すことで賃貸料を得ることができます。また土地が値上がりした時に売却することで利益を得ることができるという投資法です。公務員がこの不動産投資を始める人が増えています。公務員という立場は、副業禁止なので投資を始めていいのかという疑問があるかもしれません。公務員という立場であっても、基準を守れば不動産投資をしてもいいのです。また、公務員だからこそ一般の人よりも不動産投資をすることで大きなメリットを得られる場合があるのです。

投資を行う上でのメリットとデメリット

公務員は副業が禁止ですが、不動産投資では一定の基準を守れば職場に隠す必要もなく行うことができます。その基準とは、不動産の規模が一定未満5棟10室未満となります。これ以上の不動産の場合には管理人を置くことを忘れてはいけないのです。管理人をおかないで自分で管理してしまうと、職務に影響されるとなり禁止規定に抵触してしまうのです。公務員といえどもサラリーマンと同じで、リストラの危険もあれば給料が減るというリスクもあるのです。それに備えて不動産投資をすることはルールさえ守れば行っていいのです。また、公務員が不動産投資をするために金融機関から借り入れをする場合は、一般の人より安い金利で借りることができるというメリットがあります。ある意味、不動産投資をしないことはもったいないとも言えるのです。